自然からのメッセージ

音楽家、近田ゆうきの音楽活動のことや自然に寄り添った生活などを綴っています。
<< 花の兄を愛でる | main | 本日リリースです!! >>
近田ゆうき新譜『波紋』視聴会、ご来場ありがとうございました。

安らぎの音空間@ゆうど 波動スピーカーで聴く、近田ゆうき新譜『波紋』視聴会(ミニライブ付き)

無事終了致しました。

 

 

大変な時期にたくさんの方にお越しいただきました。

ご来場ただ来ました皆さま、心よりありがとうございました。

 

ゆうどさんやお客様の大きさ、優しさに包まれ、無事終えることができました。

 

お客様たちの顔を見ていたら、

そして、来て良かった!という言葉をたくさんいただき、

やはり開催して良かったと思いました。

 

シンギングリンの波動やいらっしゃったお客様に

何よりも私自身がとても癒され、気持ち良い時間でした。

 

そして、波動スピーカーを使っての演奏は自分らしく表現でき、

私の音楽と相性が良いように思いました。

 

ゆうどさんの継続を願って曲を書き下ろし、歌わせていただきました。

 

この日のお仕事がキャンセルになってしまった音楽仲間のピアニスト須藤信一郎さんも

急遽駆けつけてくださり、鍵盤ハーモニカで飛び入り参加。

盛り上げていただき感謝です。

 

 

すごく楽しく、お客様たちとかけがえのないひとときを共有できましたこと、大変嬉しく思います。

 

国からの要請は大規模なイベントの自粛。

 

このイベントは大規模なものではないけれど、

大小関わらず、周りのイベントがことごとく中止、延期となる中、

ずっとギリギリまで中止にしようか、延期にしようか、考えていました。

 

波動スピーカーでサポートしてくださる音空間さん、スタッフさん、

みなさん私の判断に委ねてくださるということで、

この状況のなかで開催するということは、

お客様も含め、たくさんの方を巻き込み、意志を貫くエネルギー、

何があっても責任を取って対応する覚悟、

そもそもお客様が集まらなければ赤字になってしまう収入面

など、

いつも以上の覚悟が必要で、

自分が一番何を大切にしたいのか、問われている気がしました。

 

主催者さんや会場側が中止と判断されればもちろんそれに従いますが、

主催が自分である限り、それを判断するのは私自身。

 

中止にすることはいつでもできる。

中止にしてしまえば、中止でしかありません。

 

正解不正解はなく、

自分が何を大切にして

そして何を選択していくのか、

の道があるだけ。

 

私にとっては、

衣、食、住、音楽。

 

生活は祈り。

祈りは音楽。

 

なんです。

 

まず、何よりも私自身の心は、迷わず開催したいと言っていました。

 

そして、すでにご予約をいただいている皆さま全員に、ご無理のない形で参加の意志を確認し、

みなさんがすごく楽しみにしてくださってること、

ゆうどさんは古民家で窓も大きく、開放された空間であること、

ゆうどさんがもうすぐ閉店で、次はないかも知れないこと、

誰も辞めた方がいいという方は周りに一人もいなかったこと。

 

アルコール消毒も用意し、
スタッフは全員マスクを着用、
まめな換気、
お客様同士の間隔をとっていただけるよう定員数もいつもより減らし、

体調の悪い方、風邪の症状のある方にはご来場をご遠慮いただき、

考えられる出来る限りの万全の対策をすることで、開催を決断いたしました。

 

皆さまにご理解いただき、ご協力いただけましたこと、感謝致します。

 

今後のライブですが、基本的に主催者や会場側が中止にしない限りは、万全の対策をして開催する予定です。

あとは世の中の状況と相談しながら、決めて行きたいと思っています。

 

今は大変な時ですが、またきっとみんなが一つになり、

乗り越えられると信じています。

 

そして、それには音楽の力が必要と信じています。

 

私をステージで生かしていただき、ありがとうございます。

 

また皆様にお会いできますように。

 

近田ゆうき 拝

 

 

 

| ライブ・コンサート・イベントのおしらせなど | 16:15 | comments(0) | |
WRITE










MASTER
CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS