自然からのメッセージ

音楽家、近田ゆうきの音楽活動のことや自然に寄り添った生活などを綴っています。
4月12日レコ発ライブは延期となりました

近田ゆうき

 

【Stay at Home protect your community against COVID-19】

 

4月12日に予定していましたCD発売記念ライブですが、

延期とさせていただいます

 

コロナウィルス感染拡大防止ための前向きな自粛を致します

 

日程につきましては、終息の目処が立ち次第

決めさせていただきます

 

ライブ配信につきましてはレコ発とは別に自宅配信を検討中です

配信する場合は、また別途ご案内させていただきます

 

このような状況の中、ご予約を入れてくださった皆様に心よりお詫びと共に感謝も申し上げます

 

開催も延期もどちらも勇気のいるもので

正解不正解は無い中で苦渋の決断でした

 

政府からの大規模イベントや密閉された空間への出入りの自粛要請

ではそれらの対策がきちんとされていれば開催がOKなのか

個々の判断に委ねられる昨今

 

開催も中止もそれぞれの方の正解で判断していくしかありません

 

ライブハウスさんも

共演者さんも

私も

準備万端

 

こんな中でも、ありがたいことに状況をご理解の上で

ご予約もそれなりにいただき

千葉県にはまだ具体的な日にちの外出自粛要請も出ていない

おそらく今のところ開催はできる状態で

そして何事もなく無事に終わり、来てくださったお客様達の笑顔もイメージできていました

 

また私の権限でこのイベントに関わっていただく人たちのお仕事も奪いたくもなかったし

定員数を1/4に減らしたり、アルコール消毒を設置したり、

スタッフ全員マスクの着用、体温検査、

考えられる万全の対策をすることで、開催を検討していました

 

しかし、日々状況が深刻化して行く中で、

おそらく本番はこれから

 

世界に目を向けたとき

万全の対策をすれば、なんて考えが甘かったです

 

コロナウィルスに関しては

このイベントに関わる大切な方たち全員100%お守りできる保証なんてどこにもない

開催するということは1%でも全員にリスクを背負わせてしまうことになります

 

目の前で起きていることは100%自分の責任である

ととらえ

世界で起きてることは決して対岸の火事では無い

と理解しています

 

今、感染拡大を遅らせるために

世界中が真剣に取り組んでいること

 

音楽家である前に同じ地球に生きる人間として

今、自分にできることは、イベント開催の自粛

そして、不要不急の外出を控えること

 

みんなが一定期間こもることで世界が1日でも早く終息に向かうなら、協力したいと思いました

 

世界が1日も早く終息に向かうための前向きな自粛と捉えています

 

政府の判断を待っていましたが

対応の遅さや不正確さも相り

その判断に従うのでは、自粛の本当の意味が理解されず

やらされているという被害者意識が生まれてしまいます

 

進んで自粛することは

1日も早く誰もが気兼ねなく外出でき

ライブができる世の中になるため

自分のためでもあります

 

みんながこの状況を理解し

協力し合うときがきていて

自分もその責任を担う一人であるということ

 

遅くなってしまいましたが

この決断に後悔はありません

 

1日も早い終息を願って止みません

近田ゆうき 拝
| ライブ・コンサート・イベントのおしらせなど | 22:14 | comments(0) | |
近田ゆうき新譜『波紋』視聴会、ご来場ありがとうございました。

安らぎの音空間@ゆうど 波動スピーカーで聴く、近田ゆうき新譜『波紋』視聴会(ミニライブ付き)

無事終了致しました。

 

 

大変な時期にたくさんの方にお越しいただきました。

ご来場ただ来ました皆さま、心よりありがとうございました。

 

ゆうどさんやお客様の大きさ、優しさに包まれ、無事終えることができました。

 

お客様たちの顔を見ていたら、

そして、来て良かった!という言葉をたくさんいただき、

やはり開催して良かったと思いました。

 

シンギングリンの波動やいらっしゃったお客様に

何よりも私自身がとても癒され、気持ち良い時間でした。

 

そして、波動スピーカーを使っての演奏は自分らしく表現でき、

私の音楽と相性が良いように思いました。

 

ゆうどさんの継続を願って曲を書き下ろし、歌わせていただきました。

 

この日のお仕事がキャンセルになってしまった音楽仲間のピアニスト須藤信一郎さんも

急遽駆けつけてくださり、鍵盤ハーモニカで飛び入り参加。

盛り上げていただき感謝です。

 

 

すごく楽しく、お客様たちとかけがえのないひとときを共有できましたこと、大変嬉しく思います。

 

国からの要請は大規模なイベントの自粛。

 

このイベントは大規模なものではないけれど、

大小関わらず、周りのイベントがことごとく中止、延期となる中、

ずっとギリギリまで中止にしようか、延期にしようか、考えていました。

 

波動スピーカーでサポートしてくださる音空間さん、スタッフさん、

みなさん私の判断に委ねてくださるということで、

この状況のなかで開催するということは、

お客様も含め、たくさんの方を巻き込み、意志を貫くエネルギー、

何があっても責任を取って対応する覚悟、

そもそもお客様が集まらなければ赤字になってしまう収入面

など、

いつも以上の覚悟が必要で、

自分が一番何を大切にしたいのか、問われている気がしました。

 

主催者さんや会場側が中止と判断されればもちろんそれに従いますが、

主催が自分である限り、それを判断するのは私自身。

 

中止にすることはいつでもできる。

中止にしてしまえば、中止でしかありません。

 

正解不正解はなく、

自分が何を大切にして

そして何を選択していくのか、

の道があるだけ。

 

私にとっては、

衣、食、住、音楽。

 

生活は祈り。

祈りは音楽。

 

なんです。

 

まず、何よりも私自身の心は、迷わず開催したいと言っていました。

 

そして、すでにご予約をいただいている皆さま全員に、ご無理のない形で参加の意志を確認し、

みなさんがすごく楽しみにしてくださってること、

ゆうどさんは古民家で窓も大きく、開放された空間であること、

ゆうどさんがもうすぐ閉店で、次はないかも知れないこと、

誰も辞めた方がいいという方は周りに一人もいなかったこと。

 

アルコール消毒も用意し、
スタッフは全員マスクを着用、
まめな換気、
お客様同士の間隔をとっていただけるよう定員数もいつもより減らし、

体調の悪い方、風邪の症状のある方にはご来場をご遠慮いただき、

考えられる出来る限りの万全の対策をすることで、開催を決断いたしました。

 

皆さまにご理解いただき、ご協力いただけましたこと、感謝致します。

 

今後のライブですが、基本的に主催者や会場側が中止にしない限りは、万全の対策をして開催する予定です。

あとは世の中の状況と相談しながら、決めて行きたいと思っています。

 

今は大変な時ですが、またきっとみんなが一つになり、

乗り越えられると信じています。

 

そして、それには音楽の力が必要と信じています。

 

私をステージで生かしていただき、ありがとうございます。

 

また皆様にお会いできますように。

 

近田ゆうき 拝

 

 

 

| ライブ・コンサート・イベントのおしらせなど | 16:15 | comments(0) | |
安らぎの音空間@ゆうど 波動スピーカーで聴く、近田ゆうき新譜『波紋』視聴会(ミニライブ付き)

近田ゆうき

 

 

私と波動スピーカーとの出逢いは

2003年ジョアン・ジルベルト初来日の時の国際フォーラムのロビーでした。

 

胸を高鳴らせエスカレーターを上がると、

導かれるように聞こえてくるジョアンのCDの臨場感ある何とも気持ち良い音。

 

2003年のフォーラムは、まさにスピーカーの発売直前の視聴の機会だったそうです。

 

それから人生の節目節目で、波動スピーカーに出逢うのです。

 

今回、シンギング・リン奏者の小野絢一郎さんに素敵なご提案をいただき、

イベントを企画しました。

 

私が今のところ最高と思っている
その波動スピーカーを使って視聴会をします。

昨日は視聴ルームへお邪魔🎵
とにかく感動〜ビックリマーク

 

この感動を言葉でお伝えするのは、とても難しいのですが、
聴くと言うより、体感する、と言う感覚です。

 

音の粒子が細胞全部に優しく染み込み
どこまでも澄み渡ってゆく感じ。

とにかく、百聞は一聴にしかず。

 

イベント詳細は以下です。

 

 

近田ゆうき新譜『波紋』がいよいよ3月25日(水)全国発売になります。

それに先駆け、私がこの世で最高のスピーカーだと思っている波動スピーカーを使用して、
音空間さんにご協力いただき、CD視聴会を開催いたします。

曲が出来たときやレコーディングのエピソードなど、
普段ライブで話さないような、レアなトークも致します。

場所は目白のお庭付きの古民家ゆうど。
 

 

とても自然で古き良き日本の安らぎの空間。
この場でライブやたくさんのアーティストさんとコラボレーションをしてきました。
残念ながら今年3月いっぱいで閉店かも知れない・・・とのことで
この思い入れのある場所で、このイベントを企画しました。

当日はゲストにシンギング・リン奏者の小野絢一郎さんをお迎え致します。
波動楽器でもあるシンギング・リンの音を波動スピーカーを通してお楽しみいただけます。
また波動スピーカーを使ったミニライブもあります。

#######################

【日にち】2020年3月15日(日)

【時 間】13:30開場/14:00開演
     ※ご予約の状況次第では2部構成(夜の部の追加)の可能性もあります。昼間のご予定がNGな方はご相談ください。

【場所】目白 ギャラリーゆうど

    〒161-0033 東京都新宿区下落合3-20-21

【入場料】2,500円(ゆうどの井戸水で淹れたお茶付き)

【ご予約】minarecords.info@gmail.com 


【波動スピーカーとは】

風の音のCDを流せば、部屋に本当に風がそよぎ、鳥の声のCDを流せば、部屋に本当に鳥がやってくるよう。

そしてジャズやクラシックの音楽CDを流せば、まるでステージがそこに再現されるかのよう。

リアリティあふれるサウンドで、深みのある温かい音色が空間に広がり、心地よい音のバイブレーションが、からだ全体を包み込みます。

波動スピーカーは紙と木という自然素材で作られています。さらに最先端の波動エネルギー技術を導入することにより、今までのスピーカーでは実現できなかったリアルで臨場感あふれる音場を生み出すことに成功しました。まさに楽器と呼ぶにふさわしいスピーカーの秘密がそこにあります。

エムズシステムのスピーカーには、
人が本質的に求めているものがあります。
心を揺さぶる音、自然に安らぐ音、 それはまさに魂が求める音。

ステージがそこに再現されるかのようなリアリティあふれるサウンドは、 あたかもあなたのために歌ってくれているように、 あなたのために演奏してくれているように響きます。
深みのある柔らかく豊かな音色は空間全体に広がり、 あなたのからだ全体を包み込みます。

自然の音が奏でるこの音を、ぜひ一度体験してみてください。

(波動スピーカー 製造メーカー (有)エムズシステムHPより引用)

●協力:音空間
https://oto-kukan.jp/about-speaker/



【小野絢一郎プロフィール】
シンギング・リン 奏者
日本発の“奇跡の楽器”と呼ばれるシンギング ・リンの演奏家。
ミュージシャンをはじめ、ダンサーや画家など様々なアーティストと共演。イベントやセミナー、瞑想会等でも演奏。
また、シンギング ・リンを使ったサウンドセラピーも展開。

| ライブ・コンサート・イベントのおしらせなど | 13:56 | comments(0) | |
3rd album『波紋』発売記念ライブのお知らせ

2020年が明けて、1ヶ月が経とうとしています。

すっかりご挨拶が遅くなってしまいました。

 

2020年が皆様にとって健やかで豊かな日々でありますように

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

少し先ですが、3月25日に約6年ぶりとなる、3rdアルバムをリリース致します。

 

CDの詳しい情報はまた改めてご案内させていただきます。
 

まず、地元でレコ発ライブを開催致します。

 

それから、ゆっくり、ゆっく〜り、全国を回ります。

東京での開催は秋頃かな。。。待っていてくださいね。

 

共演者は、アルバムに参加していただいた、素晴らしいアーティストさん達です。
ぜひ、ライブで聴いていただきたいです。
 

ご予約受付開始しました。
皆様のお越しを心よりお待ちしています🤗🎵

 

「近田ゆうき3rd album『波紋』発売記念ライブ」

4月12日(日) 柏 Studio WUU
https://www.wuu.co.jp
場所|千葉県柏市 柏1-5-20 5F
時間|open 12:30 / start 13:00
出演|近田ゆうき(vo&g),永見行崇(pf),宮川剛(ds),ゲスト:石井有子(vn)
料金|予約3,500円 / 当日4,000円 +要オーダー
ご予約・お問合せ|Tel 04-7164-9651 または、studio@wuu.co.jp
 

※それまでのライブにつきましては、
ツアーに向けて体調を整えるため、お休みさせていただきます。
新しく決まり次第、随時ご案内させていただきます。

 

近田ゆうき

 

| ライブ・コンサート・イベントのおしらせなど | 12:13 | comments(0) | |
我龍

近田ゆうき

 

先日は龍神画家、中村広乃さんの個展【我龍】の
オープニングコラボレーションパフォーマンスに
出演させていただきました。

 

龍神画家の中村広乃さん

シンキング・リンとギター奏者の小野絢一郎さん

華舞(踊りの中でお花をいける)の山本 芙沙子さん

と私。

 

まずこの4人でどんなことができるか、からのスタートでした。

 

広乃さんの描く森羅万象の世界をどのように表現していくか。

試行錯誤で打ち合わせを重ね、作り上げていきました。

 

今回感じたことは4人の調和です。


それぞれの個性が融合してひとつの作品になりました。


それは演奏していてもすごく感じたし、
来ていただいたお客様も口を揃えておっしゃってくださいました。

 

何よりも、とても楽しかったんです。

 

このような機会に出演させていただいたこと、
みなさんとご一緒できたことは、
かけがえの無い経験となりました。

 

広乃さんのライブペインティングは何度か観させていただいてますが、
いつも穏やかな広乃さんが龍を描き出すと、何かに取り憑かれたように、
力強く、水を得た魚のようになります。

 

あの細い体のどこにそんなパワーがあるんだろう、
といつもびっくりさせられます。

 

今回は、ご自分の体の何倍もあるキャンバスに龍を描くという
大チャレンジ。


リハーサルを何回かしましたが、やはり本番の迫力はすごかったです。

そして、みんな出し切った!!

 

お客様からいただいた写真の一部を載せさせていただきます。

 

 

 

 

 

カメラマンさんが素敵な写真を撮ってくださったので、
また後日ご紹介させていただきます。

 

さてさて、感動冷めやまぬ中ですが、

パフォーマンスの最終日、30日(土)も
急遽出演させていただくことになりました。

 

今回はギターの弾き語りではなく、フルートと声で参加させていただきます。

 

今回はどんな龍が出現しますか、楽しみです。


タイミングが合わない方も、お時間許されます時にぜひ足を運んでみてくださいね。

 

【龍神画家広乃個展〜我龍〜】
会期 2019年11月25日(月)〜12月1日(日)
時間 11時〜19時
※初日は13時から 最終日は17時まで
会場 好文画廊


パフォーマンスは18:00〜

中村広乃(ドラゴンペイント)、
小野絢一郎(シンギング・リン)、

近田ゆうき(vo&fl)

シークレットスペシャルゲスト有り!?

 

※お席に限りがあります。
着席希望の方はお早目のご来場をお願いいたします。
※上演時間約30分〜45分程を予定しております。
※ドネーション制となっております。皆さまのお気持ちをいただけましたら幸いです。

 

 

| ライブ・コンサート・イベントのおしらせなど | 23:30 | comments(0) | |
homeriご来場ありがとうございました。

近田ゆうき

 

初出演の四谷のhomeri、ソロライブ終了しました。
ご来場心よりありがとうございました。

 

完全生音ライブ。

 

四谷一ほそ長いと言われている空間で、一番遠くのお客様にどこまで届くだろう。。。

最初は、少しそんな不安もありました。

 

そんな不安をよそに、お店自体が一つのスピーカーのようで、

微細な音も空間の隅々まで、響き合い、混じり合い、共鳴していました。

 

さらにインターバルのとき、オーナーの宮内さんから、

一番遠い厨房の奥までちゃーんと聴こえてるから、もっともっと小さな音でも大丈夫‼と言っていただき、
何か大切なことに気づかせていただいたようでした。

 

最初はみなさんに音楽を届けたい気持ちから、だんだん力が抜けて、

ありのままの自分に還って行けば良いんだ、という心境に変わっていきました。

 

全てにおいて気持ちよく、心地よいお店でした。

 

また次回もこの空間で、思うままに表現して行きたいと思います。

 

ありがとうございました。

| ライブ・コンサート・イベントのおしらせなど | 08:42 | comments(0) | |
9月28日(土)はイオンモール千葉ニュータウンにてインストアライブ

 

昨日はユーカリが丘駅にある、ユーカリプラザでの定期演奏会での演奏でした。

 

向かう途中、田んぼに白鷺たちが優雅に舞っていて、

それはそれは美しい景色でした。

 

 

演奏が始まると席に座りきれないほどのたくさんのお客様が集まり、

集中して聴いてくださいました。

ご来場ありがとうございました。

 

7年ほど続く月一の定期公演。

この音楽会の常連さんや会社を休んで来られる方もいらっしゃるそうで、

大変盛り上がりました。

 

私がお客様から沢山元気をいただいちゃいました。

 

さて、今週はもう一つ、インストアライブがございます。

お近くの方は、ふらっとお立ち寄りください。

 

皆さまの日々が益々音楽で溢れますように。

 

●9月28日(土)

イオンモール千葉ニュータウン(モール棟1F スタジオクリップ前)

近田ゆうき(vo&g) ソロ

13:00〜 / 15:00〜 各30分

観覧無料

※曲目は、ボサノヴァやポップスカバーが中心になります。

 

https://chibanewtown-aeonmall.com/news/event/1820

| ライブ・コンサート・イベントのおしらせなど | 12:13 | comments(0) | |
ああでもあり こうでもあり ああでもなく こうでもない

(ドローイング 田中孝道)

 

 

『ああでもあり こうでもあり ああでもなく こうでもない』
ー 須藤信一郎×田中孝道 音と象のimprovisation ー

 

10月と12月にイベントをプロデュースさせていただきます。

 

画家の田中孝道氏と
永いこと共演でお世話になっています、ピアニストの須藤信一郎さんによる、
「音と象のimprovisation」です。

 

田中孝道さんとの関係のことを少しお話しさせてください。

 

20代〜30代前半は、私はグラフィックデザインのお仕事をしていました。
田中さんは、その時のデザイン会社の社長でした。

会社の役職以外にも、アーティストとしてもグローバルにご活躍で、
かっこいい、
尖っている、
真の芸術家、
博識な人、
型破りな人、

私の印象です。

 

当時の私の役職は制作プロデューサーだったのですが、
大手会社にプレゼンしたりと、重要なお仕事も多く、
クライアントが何を求めているのか、
全体を見る力など、
たくさんのことを愛を持って、厳しく教えていただきました。
 

八代亜紀さんやバンドネオン奏者の小松亮太さんの専属ピアニスト

としても活躍中のピアニスト、須藤信一郎さん。

 

二人の芸術のコラボレーションを是非、生で体感していただきたいです。

 

長野と東京の2回公演になります。
 

ちなみに、今回私は裏方で、ステージには立ちません。

 

チラシ、久しぶりに気合を入れて作りました(笑)

 

『ああでもあり こうでもあり ああでもなく こうでもない』
ー 須藤信一郎×田中孝道 音と象のimprovisation ー

 

10月12日(土)14:00〜 小諸 サロン・ド・ヴェール
※ご予約受付中!!
長野の大自然の中です。

 

12月14日(土)19:00〜 東中野 ポレポレ坐
※予約受付は10月1日より
駅から徒歩1分の素敵な会場です。

 

| ライブ・コンサート・イベントのおしらせなど | 07:39 | comments(0) | |
音楽×Yoga vol.7 ご予約受付開始しました!!

毎回ご好評いただいてます音楽×Yoga、

次回11月のご予約受付が開始しました。

 

ゆるやかな音楽と丁寧に呼吸を繰り返しながら行うヨガで、
日頃のこわばったココロとカラダをほぐしていきます。

 

7回目となる今回は、シンギング・リン奏者、小野絢一郎さんをお招きします。

 

ヨガ中にシンギング・リンの“音浴”をすることで、身体の
エネルギーバランスを整え、副交感神経を優位にし、
さらにリラックス効果をもたらします。

 

ヨガの後はお茶休憩を挟んで、近田ゆうきのミニライブ。


寝っ転がったり、あぐらをかいたり、
お好きな格好でリラックスしてお聴きください。


aiさん手作りのキャンドルの演出もとってもステキです🕯

 

 

| ライブ・コンサート・イベントのおしらせなど | 21:19 | comments(0) | |
音は振動、すべては振動

 

先日、monkbeatさん主催の地球交響曲(ガイアシンフォニー)と

ピースバイブレーション音楽鑑賞会に参加してきました。

 

愛して止まない映画、『ガイアシンフォニー』のサウンドトラックを
monkbeatさんがピースバイブレーション技法でミックスして、

それを波動スピーカーで響かせるというものでした。
(波動スピーカーとは、最先端の波動エネルギーを技術を導入し、臨場感あふれる音質、
空間を360度柔らかい音で包む自然素材で作られたスピーカーです。)

 

そして、ガイアシンフォニーの映像プロデューサー、龍村ゆかりさんによる、
既に撮影が始まっている新作、第9番のお話も聞かせていただき、とても興味深い内容でした。

 

涙が溢れ、想像以上に、素晴らしい会でした。

 

少し音についてのお話をします。

 

音=振動です。

 

人も植物も物も、マクロからミクロの宇宙に存在するすべての根源に振動があります。
振動していると言うことは、音が発生しています。

 

音は周波数で表すことができます。

人間が聞き取れる音と、聞き取れない音があり、
聞こえるのは低い音で20Hz、高い音で20kHzくらいまでの間で、

いわゆる超音波は、聞こえない音のことを言います。
※周波数 : 音の波が1秒間に振動する回数のこと(単位はHz・ヘルツ)。

 

余談ですが、音響医学の父であるイギリスのマナーズ博士は、
「病気とは細胞の振動数異常と歪み」であると定義していて、
正常ではない状態にある細胞は、振動の歪み、音の歪みとして感知でき、
特殊音響で乱れを調整することで、人間に元々備わっている再生の力を促すことができるとしています。

これはWHOも認める音響療法です。


そのくらい、音は大きな影響を与えることができるんですね。


もっと言えば、アインシュタインは「万物はエネルギーである」と説いています。

 

話は逸れましたが、先日の音楽鑑賞会は、
私に新しい感覚をもたらしてくれました。

 

毎日必ず音楽を聴いているのですが、
何か作業をするためのBGMとしてだったり、
尊敬するアーティストの音楽は、
勉強のための音源として聴くことが多いです。

 

職業病のようなもので、
どういうハーモニーを創ろうか、
音色を出そうか、
どういう表現をしようか、
と言う、聴こえる部分の研究に明け暮れている毎日です。

 

ライブやイベントを鑑賞するでもなく、
ただ純粋にそこにある音を聴くのは、
自然の中に身を置く時以外は、
ずっと無かった様に思います。

だから、先日のイベントは、
私にとっては、すごく特別な時間でした。

 

実際に音楽によって体温が上がって汗ばんできたり、
自然と涙が溢れたり、
空間がどんどん広がっていくように感じたり、
色が見えたり。

 

波動スピーカーから流れる音は、
実際に人間の耳には聞こえない周波数も、
細かい粒子になってちゃんと細胞にまで到達していて、
しっかり体で音を浴びているんですね。

 

会場に居る人たちがみんな一つになって、
共鳴しているのを感じました。

 

「音はあらゆるものを伝えてくれる」

monkbeatの山口さんはおっしゃいました。

 

音を聴きながら、こんなことを感じました。

 

聞こえない音も、もっともっと大切にしよう。

 

元々私と言う個が発している振動もあり、
きっとお客様は繊細にそれを感じとっていただいていて、

それは一生懸命伝えようとしなくても、自然と伝わっていくもの

だと思うのです。

 

目に見えないもの、耳に聞こえないものだからこそ、
なおさら、“感じる”、ということが大切なんですね。

 

自分や人のライブでみんなが一つになるということを
何度も体感してきましたが、

そこにビジュアルはなくとも、

さらには聞こえる音はなくとも、

ちゃんと純粋に“感じる”ことができること。

 

音に精通しているmonkbeatさんだから、それが伝えられたのだと思います。

 

音がどんな風に人に伝達されるのか。
ということが、客観的に体感できた良い機会となりました。


monk beatさんの情報はこちら
https://www.monkbeat.com/

 

ガイアシンフォニーの情報はこちら
http://gaiasymphony.com/

 

波動スピーカーの情報はこちら
https://hado-speaker.jp/

 

 

おまけ。

monkbeatの山口さんがかけていた眼鏡がとっても素敵だったので、

素敵ですね、ってお声をかけたら、着けさせていただきました。

 

じゃーん!

 

近田ゆうき

 

麻炭パウダーが入った眼鏡で、

 

目が疲れにくくなったり、頭の中がスッキリしたりするそうですよ。

 

欲しくなっちゃいますね(笑)

| ライブ・コンサート・イベントのおしらせなど | 09:24 | comments(0) | |
 1/74 PAGES >>



MASTER
CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS